未来の計算物質科学分野をリードする若手研究者、博士後期課程学生を支援します 画像

東北大学(主として金属材料研究所)、東京大学(主として物性研究所)、自然科学研究機構分子科学研究所、大阪大学(主としてナノサイエンスデザイン教育研究センター)は、2015年8月に 「文部科学省 科学技術人材育成補助事業 国立研究開発法人科学技術振興機構『科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業(次世代研究者プログラム)』」の採択を受け、 計算物質科学人材育成コンソーシアム(Professional development Consortium for Computational Materials Scientists : PCoMS)を設立いたしました。

本コンソーシアムでは、広範な物質科学領域と基礎、応用、実用化の全段階を俯瞰しつつ、ハイパフォーマンスコンピューティング技術を駆使して物質科学分野の課題発見と解決ができる人材育成の環境を整備し、同時に、若手研究者の安定雇用につながる仕組みを構築することによって若手研究者を支援します。